もとどり


コメント

  1. かげときさんがまきさんのもとどり切る時マジで動きが美しすぎてありがとうございます

    2022-04-21 17:08:02
  2. りくの兄 牧 宗親の 後妻打ち(うわなりうち)が 盛大に行われてる時の やりすぎやぁ~~~??? って崩れ落ちてるの気の毒だし 髻(もとどり)を落とされる時の様子は、凄い怖かった??? 千鶴丸を善児が殺めた時のように…背筋が凍った? 鎌倉殿の13人

    2022-04-22 05:08:01
  3. #鎌倉殿の13人 #12 もとどり【髻】 「本取」の意。 《髻[ケイ](もとどり)》と《結[ケツ](ゆわえる)》は共通部品「吉」をふくむ。

    2022-04-22 13:08:01
  4. ①もとどり chishiki-log.work/%e2%91%a0%e3%8…

    2022-04-22 21:08:02
  5. うわなりうちともとどりぎり。(後妻打ちと髻切り) 今日の大河での収穫? #鎌倉殿の13人

    2022-04-23 05:08:01
  6. 鎌倉殿の13人(12)「亀の前事件」

    2022-04-23 13:08:02
  7. そういえば、もとどり、宮澤エマが演ってたよね。意味がわからないと思うけど、演ってたんですよ、もとどり役

    2022-04-23 21:08:02
  8. そういえば髻(もとどり)に関して言えば「神は髪に宿る」って言うのを源氏物語か何かで目にして以来、髪は魂に近いものなのかなーとずっと思ってるし、自分の一次創作でもそこに触れてたりする。 古代の人にとって、爪や髪は他と違って伸びるから不思議だったんだろうな~(と勝手に思ってる)。

    2022-04-24 05:08:02
  9. ゲラゲラ笑ってばかりはいられなかった、亀の前事件でした。髻(もとどり)を斬られた場面で、中学の時、校則違反だからと、教師に女の髪を切られた事を思い出しましたね。教師は頼朝と同様、刑罰で切ったんだから。#鎌倉殿の13人

    2022-04-24 13:08:01
  10. あと「髻(もとどり)を切る」は、本来は自発的な出家を意味するのだけど 他人に切られて云々みたいな刑罰の記録とかあるんでしたっけ まったく思い当たる節がなくて……無知なだけかもしれないけど

    2022-04-24 21:08:02
  11. この当時、髻(もとどり)切り落とす行為は、最悪の侮辱する行為なんだよね。牧宗親があそこまで泣くのは、当然の事なんだよね。 「平家悪行の始め」の殿下乗合事件でも平家側が摂関家の従者の髻切り落としてた。 #鎌倉殿の13人 #平家物語

    2022-04-25 05:08:02
  12. 返信先:@w80099448髻(もとどり)を切られるのは烏帽子をつけられなくなるので社会的な体面がなくなると侮辱する事になるとか(出家の意味も) ただ人の髻を切る方が罪が重いので九郎義経が驚いた顔をしたのかなと

    2022-04-25 13:08:02
  13. もとどりを切る…

    2022-04-25 21:08:02
  14. 【仏の三十二相(特徴)】 頂髻相(ちょうけいそう) 頭の頂の肉が隆起して髻の形を成している。肉髻(にくけい)。 髻←もとどり

    2022-04-26 05:08:01
  15. もとどりを切られると烏帽子を被れなくなる=頭頂部を人に見られるという、あの時代にしては大変な辱めを受けるわけで、髪がある程度伸びるまでとてもじゃないけれど表に出られない状態になるわけです…。博打で身包み剥いでωを丸出しにさせても烏帽子は残すのが当時の人の情けでした。 #鎌倉殿の13人

    2022-04-26 13:08:01
  16. もとどりって髻って書くのか…。蛮族は髻切るし当時ですら炎上(物理)したしなってトレンド見て思いを馳せる。平家も源氏も髻切るのはやってたのかな…ひどいはやりだな

    2022-04-26 21:08:02
タイトルとURLをコピーしました